1日を大切に生きると失っていた夢が生まれる

私は20代の新卒入社したあたりから、急速にエネルギーが下がっていきました。

10代の頃はバンドやったり仲間とわちゃわちゃやったりして、勉強も趣味もとても楽しく、自信も持ててたんですが、それがウソみたいに消えていって、

気がつくと夢が持てなくなっていました。

毎日同じことのくりかえしで希望が持てない。これけっこう辛かったですね…。

で、ぼーっとネット見たりテレビしてると、仕事に誇りを持ってキラッキラしてる人とか、夢を楽しそうに語る人がたくさんいる。そういう人を取り上げてるから当たり前なんですけども(笑)

「うわーええなあ、それに比べて私は何やってんやろ、こんなんなりたかったなぁ…」と当時20代の私は自分を省みて嫌になってました。

でもいざ、夢を持って生きよう!目標持とう!って思っても、

注文してすぐ出てくる鳥貴族のスピードメニューじゃあるまいし、そんな簡単に持てるもんじゃあないですねぇ(遠い目)

うんうんうなってもあまりにも出てこないので、いったんあきらめてある仮説を立てました。

夢や目標って、無理やりもつものではなく、内から湧き出てくるものかもしれない。だったらもっと内側を良い状態にしたら勝手に出てくるんじゃないか。

そんなときやってみてとても効果的だったことがあります。

成功するのに目標はいらない!

平本 相武

1日ずつ、約束をして丁寧に過ごす

ひとまず、1日1日を丁寧に生きることからはじめました。朝決まった時間に起き、ひとつひとつのことに感謝をして(もちろん自分にもね)、ゆっくりと丁寧に動き1日を過ごす。これをやったんですね。

そして1日1つの約束ごとを、必ず決めて死守しました。なんでもいいんです、朝6時に起きるぞ、とか、ブログ書くぞ、とか、それができたらカレンダーにマルをつける。たまっていくとウレシーんですよね。最近はアプリでもできますね。

これを何ヶ月間かつづけました。

これ、何をやっているかというと、エネルギー充填です。「自分は大丈夫、自分で自分のことできるぞ、信じていいぞ」っていう自信をつけさせてるんですね。

しばらくすると「あ、本読みたいなぁ」とか「海に行きたいなー」とか「新しいMac欲しい!」「旅したい!」「古民家に住んでみたい!」「私と同じような人の力になりたい!」とか欲求が出てきました。

夢とか目標とか言うと、言葉が大層な感じがするので、大きいものを掲げようとしたり、みんなに立派だと思われるもにしようとしたり、奮発しちゃうんですけど、最初はね、小さくてと思うんですよ。小さい欲求=夢、でいいと私は思います。

今でも忙しくなると日々が雑になって、1日を過ごすので精一杯になってしまうときがあります。

そんな時こそ、この丁寧な暮らし+約束ごと1つ死守、を思い出してやっています。

それからは、夢は必ずしも持たなくても大丈夫、1日を丁寧に生きていれば自然と生まれてくる、というのが持論です。

なんだか毎日疲れるなぁ、最近自信が持てなくて辛いなぁって方は、約束事1つ死守、おためしくださいね。

あなたの人生がJMAになることを祈って。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top