やめたいのに好きすぎてやめられないときの対処法

プハーっと爽快なお酒、高カロリーだけどおいしい食事、あまくてふわふわのスイーツ…。やめたいし、やめた方がいいとわかっているのにやめられない、そんなジレンマを抱えることがよくあります。

一時的に我慢してやめても、ふとした瞬間に復活!そして自分を責める…。うーん辛いです。

そんなとき、夫婦ともに効果を感じられた対処法があるので共有します。

それは…

我慢をやめる

です。

ラーメン食べまくるんです。お菓子も食べまくる。酒も浴びるように飲む。飽きるまでとことんやるんです。これが対処法です。

いやほんとに、これ大切なんです。大切なので…石を投げないでいただきたい。

ある時は体重が増えるのもお腹がぽっこり出るのも気にせず、有名なラーメンつけ麺を食べまくりました。ある日を境に『もう、いいや』になりました。

お酒を十分に飲んで、もういいや、になりました。今は『毎日飲まなきゃ』から解放されました。

今は夫婦そろって菓子パンブームですが(汗)、そのうち必要なくなると思います。

仕事そっちのけでゲームをしまくりました。飽きるほどやったら、ゲームへの執着がなくなりました。

そういう体験をしていくうちに、わかってきました。我慢、が一番体によくない。心と体が欲しがっているものは、思う存分与えていると、ある日満足して自然と「もう(そんなにたくさん)いらない」ってスイッチが入ります。

ただ、この自然と「いらない」のスイッチが入るためには、心身と対話する感覚が必要になります。

心身と対話する感覚を磨く

まずは、たとえばケーキ食べた後「食べちゃったー」とか後悔するのはナシです。しこたま飲んで「飲んじゃったー」とかもナシ。後悔はナシ。それは心を攻撃してしまうので、余計にストレスが溜まってしまいます。フラットにバランスよい状態を意識します。

それからはとってもカンタン。

やった後、食べた後、体や心が喜んでいるか?それとも辛そうか?それをくもりなきまなこで観察するんですね。

とっても気分がよくて元気がみなぎってくるときもあれば、異常に眠くなったり、イライラすることもあります。体や心の状態を自己診断する。これが心身との対話です。

最初は心身の声がとても小さいのでわかりにくいですが、つづけているとだんだんコツがつかめてきて自分の状態がわかってきます。

で、喜んでるうちは続けていい。飽きるまで続けていれば、そのうち心身が『もういいよ』と言ってくれます。

まぁ荒療治だとは思いますが(汗)私たちにとってはストレスなくやめられる最もよい方法になっています。

やめられなくて苦しいときは、思い出していただけるとうれしいです。

逆につづけたいものは、飽きるまで懲りるまでやったらダメですよ(笑)運動も読書も、適度にやるのが大切ですね。

あなたの人生のJMAを祈って。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top