和歌山ラーメンの大穴『てんかけラーメン』が別次元・老舗製茶メーカーのラーメンは創業者と地元民の想いが詰まってた

和歌山ラーメンといえば、醤油とんこつを思い浮かべるのですが…。

ひょんなことから別次元のラーメンを発見しました。

 

それがてんかけラーメン

 

和歌山の製茶メーカー玉林園が運営する『グリーンコーナー』のシンプルなラーメンです。

 

もう一度いいます。

お茶屋さんです。

………なぜ。

いろんなものが謎に包まれているラーメンでしたが、たまたまフードーコート内にあったグリーンコーナーでいただいてみたんです。

そのときの衝撃が忘れられません。

驚きの低価格と、提供の早さと、あっさりしたお味、天かすをはじめとしたまさかの具にいっぺんにどハマりし、私のラーメンランキングトップ3に急浮上したのです。

 

さらに調べていくと、地元民に古くから愛されている老舗だトカ。

また食べたい、今すぐ食べたい。そんな思いを半年も抱えて生きていました。

ようやく食べられる機会にめぐまれましたので、敬意をこめてあらためてレポートいたします!

せっかくなので本店へ

今回うかがったのは、玉林園グリーンコーナー本店です。11時から開店しています。

前に広めの駐車場がありますので安心ですね。(間違えて隣のファミリーマートに入ってしまったけど運良く入り直せました)

到着してまず驚くのは外観。

ポップな感じのお茶屋さん。どこからどうみてもラーメン屋ではありませんね。

しかしこれにも理由があるんですって。

日本でラーメンが流行りはじめたころ、まだ女性ひとりでラーメン屋には行きにくかった。じゃあお茶屋さんでラーメンをやったら、入り口はお茶屋さんだから女性も入りやすいんじゃないか。ということでラーメン提供がはじまったトカ。

なにそのすてきエピソード!なんだかいっぺんにファンになりました。

中に入ると、左は本当にお茶屋さんです。いろんなお茶と、茶器がめっちゃ置いてあります。

そして右手には、待望の…。

グリーンコーナーがありました。

さっそく注文

メニューが多くてカオスなんですが、とにもかくにも求めてやまなかったてんかけラーメンを注文。

妻みしゃこは『てんかけラーメン』。腹ぺこな夫ひーさまはAセット『てんかけラーメン+鳥唐飯』を注文。

それにしても価格がおかしい。

店のあちこちにグリーンコーナー公式キャラクターのアヒル君たちがいて癒されます。

店内には和歌山出身のデューク更家やhideのサインなんかも。愛されてるんですねぇ…。

11時の開店とほぼ同時に行ったにもかかわらず、店内はお客さんがけっこう入っておられます。

そして5分もすると呼ばれました。早!!

感動の再会

キター!きましたよ。会いたかったよてんかけラーメン。

いかがですか。ラーメンとはいいがたいこのビジュアル。

天かすと、わかめと、紅生姜ですからね。うどんかと思います。しかしうどんではなく不思議としっかりラーメンなのです。

スープは鶏ガラベースのシンプルなしょうゆなんですが、ゴクゴク飲めます。なんかヤバイもん入ってるんじゃないかと思うほど後を引きます。

このスープがてんかす、わかめ、紅生姜と絶妙にマッチしておいしいんです…。

ピントが麺にあっていませんが勘弁してください。再会の喜びに打ちふるえています(言い訳)。

麺も自家製麺。ほぼストレートの中細麺で表面が少々ざらっとしていてスープや天かすがよくからみます。

正直パンチはありません。ありませんが、とにかくおいしい。(語彙力仕事しろ)

何度も食べたくなる味です。

このラーメン、開発した当初からほとんど味がかわってないそう。すごい企業努力ですね。

ラーメンって一気に食べてしまいがちですが、なんだかもったいない気がして、ちょっとずつ一口ずつ味わいながらいただきました。

スープ飲み過ぎた(笑)

本っ当においしかったです!ごちそうさまでした!

鳥唐飯は、正直イマイチでした(笑)おそらくいろんなものを提供したいって想いからくるオマケ商品かな?

もうひとつの名物

グリーンコーナーには、もうひとつの名物があります。それがグリーンソフト

いわゆる抹茶のソフトクリーム…なんですが。

 

ここのグリーンソフトも別次元です。

 

ふつう、ソフトクリームって甘ったるく後味マッタリなんですが、このグリーンソフトは苦味と甘みが絶妙マッチしていて、しかも後味がおどろくほどスッキリ!

ラーメンでけっこうお腹がふくれていたのですが、「やっぱり食べたい!」となって追加で買ってきました。

かわいいサイズのコーンに、ソフトがたっぷり入っています。

ソフトクリームの甘さがほわんとやってきて、緑茶のいい香りとちょっとした苦味がうまみとして追いかけてきて、後味はほんとスッキリ。なんか大人の味です。

なんて癒されるお味なんでしょう。これもめちゃくちゃハマります。

夏はお茶が売れないからなんとかできないかと苦慮の上にうまれたのがこのグリーンソフト。一説によるとソフトクリームに何かをまぜて提供したのはこれが世界初だトカ。老舗は歴史が深過ぎます。

おいしすぎてぺろっとたいらげました。

やっぱり食べてよかった(笑)ごちそうさまでした!

和歌山ソウルフードは思いやりの味

グリーンコーナーは和歌山にしかないので県外から食べに行くのはけっこう大変なんですが、それでもわざわざ食べに行く価値はあると思います。

あっさりラーメン好き、B級グルメ好き、昭和レトロ好きな方はぜひ行ってみてください!

※グリーンコーナーについてもっとくわしく知りたい方は、『メシ通』さんの記事がとてもわかりやすくておすすめです。

玉林園 グリーンコーナー本店

住所:〒640-8306 和歌山県和歌山市出島48−1

営業時間:11:00~22:00

駐車場:あり

ホームページ:http://gyokurin-en.co.jp/

おまけ:

イベント名まで昭和レトロ感。カーニバルって言葉を久々に聞きました。なんか楽しそう。(でもコロナで中止!残念!)

 

JMA 妻みしゃこ
Webデザイナー、おふざけライター|30代で心身不調&家庭崩壊をきっかけに生き方を見直しフリーランス起業、結婚、さらに奈良に移住し、軽キャン生活をたのしんでます|仕事は効率中なスピード狂、運転はエコな安全運転|飲み食いスキーな万年育ち盛り(育ちすぎのため筋トレ中)|LOVE→夫、家族、KAN、平沢進、ボリウッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です